ホーム > 教育・スポーツ・市民活動 > 文化・芸術 > 秦野市立宮永岳彦記念美術館 > 企画展レポート > 秦野市所蔵浮世絵展

マイページ

使い方

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2015年12月1日

秦野市所蔵浮世絵展

秦野市では、平成10年に東田原出身の浮世絵収集家・故大津圓子氏から寄贈を受けた約1,900点の浮世絵を所蔵しており、これまで宮永岳彦記念美術館や文化会館で浮世絵展を開催しています。

「浮世絵に観る いのちの彩り」

会期 12月24日(木曜日)~平成28年1月6日(水曜日)ukiyoeten_2015

浮世絵展チラシダウンロード(PDF:1,191KB)

 

 

 

 

江戸の人々は四季の移ろいを自然の中に感じ、植物や動物など、身近な生き物とともに、豊かな生活を送っていました。

雪の季節に匂う梅。春には若菜を摘み、桜、藤や菖蒲などの花を愛で、暑い季節には朝顔で涼を演出。秋には、菊を観賞するだけでなく熱心に栽培するなど、日々の生活に季節の彩りを取り入れ、風流を感じていたのです。

花見や夕涼みといった楽しみに加え、五節句や祭礼などの年中行事が生活に溶け込み、自然に親しむ暮らしは、 現代の私たちにも、脈々と受け継がれてきました。

 


本展では、犬・猫・馬・鈴虫・蛍などの身近な動物、名所絵や源氏絵による四季折々の植物など、人々の糧となり当時の暮らしに溶け込んでいた「いのちの彩り」を集めた作品、36点を展示します。

 

宮永岳彦記念美術館の常設展示室で、現在展示されている「いのちの彩り」とともに、ご鑑賞いただければ幸いです。 

 

展示期間(時間等)

  • 会期:平成27年12月24日(木曜日)~平成28年1月6日(水曜日)
  • 時間:午前10時~午後5時
12月28日~1月2日・1月4日は、宮永岳彦記念美術館休館日です。

会場

  • 宮永岳彦記念美術館市民ギャラリー
    (〒257-0001 神奈川県秦野市鶴巻北3-1-2 電話番号:0463-78-9100)

入場料

  • 入場無料

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課生涯学習担当

〒257-8501 秦野市桜町1-3-2 秦野市役所教育庁舎2階

電話番号:0463-84-2792

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?