ホーム > 教育・スポーツ・市民活動 > 文化・芸術 > 秦野市立宮永岳彦記念美術館 > 常設展の記録 > 常設展示室 展示案内(会期終了:2015年8月~2016年2月)

ここから本文です。

更新日:2016年2月10日

常設展示室 展示案内(2015年8月から新展示)

常設展示室 「宮永岳彦 いのちの彩り」

会期 2015年8月12日(水曜日)~2016年2月7日(日曜日)

チラシ いのちの彩り

洋画家・宮永岳彦(1919~1987)は、女性美人画や童画など、ジャンルを問わず、その作品に様々な植物や動物を描いています。

女性達の周りに添えられた草花はより華やかにその空間と姿を彩り、児童向け書籍の表紙画では可愛らしい顔の動物が子どもたちの笑顔と共に優しい世界を創り出しました。
それらはモチーフとして描いたもののほか、作品の四季を表したものや、絵の表情を豊かにするためのものなど、場面ごとに見る者を引きつけます。

2015年は戦後70年の節目の年にあたります。宮永自身も従軍の経験があることから、戦争という暗い時代から世界が解放された後、自由に描けることを喜びながら、作品に命の尊さを表現したのでしょう。

そして、「人に伝える」ことを強く意識しながら作品を制作した宮永は、油彩画をはじめ、挿絵やポスターなどにおいても幅広くその手腕を発揮し、生き物たちを取り入れることで、作品をより生き生きと魅せています。

本展では、そういった人物以外の点に目を向け、何らかの生き物が描かれている作品を集めてご紹介いたします。
宮永岳彦が彩った“いのち”の温もりと大切さを、感じとっていただければ幸いです。


Takashima Pearls ポスター
1960年

 


油彩画≪爝≫
1975年


油彩画≪翔≫
1980年

 


童画
作品名称・制作年不明


秦野市立文化会館小ホール緞帳
『希望の窓』 1980年


『チャイルドの幼児期』表紙
制作年不明

 
『ぺんてるくれよん』パッケージ原画

トップページへ

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課生涯学習担当

〒257-8501 秦野市桜町1-3-2 秦野市役所教育庁舎2階

電話番号:0463-84-2792

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?